インフォメーション

海外ロングステイの目的

あこがれの土地にロングステイして、新鮮な毎日を送るライフスタイルが今注目を集めています。 海外ロングステイの計画をたてるときには、まず最初にそこで何をしたいのか、どのような暮らし方をしたいのか、趣味や興味にそって、ロングステイを希望する国の言語、治安、物価や気候、地域特性、医療制度、流行をチェックしましょう。 ロングステイで大切なことはその土地での目的を明確にすることが大切です。 ゴルフや釣りなど趣味を目的としたリゾートライフ、スポーツ観戦を楽しむ、史跡や美術館巡りを楽しむ、フラなどダンスを習う、語学を学ぶ、など、ロングステイの目的を明確に。 ロングステイで充実した毎日を送るためには自分の趣味や興味に合うテーマや目的を決めることが大切です。 また、避けたいことや苦手なことを考えておくこともロングステイ先を決めるうえでポイントとなります。 例えば日本の湿度の高い梅雨や暑い夏の気候、寒さの厳しい冬や花粉の飛ぶ季節が苦手な方は、ロングステイ先にはこういった気候がないかどうか確かめておきましょう。 自分にあった候補となる国を選ぶために目的やテーマ、避けたいことを明確にしたうえで、海外ロングステイしたい国を選択しましょう。 ロングステイ先の候補として挙げる国の物価、気候、住宅の費用や月々にかかる生活費、治安や言語、医療制度、地域特性や流行、交通事情などを調べておくと、より具体的な暮らしのビジョンが見えてきます。 重要なのは食事です。 日本食レストランや食材店があるかなど、食生活の確認もしておきましょう。

line

Link

海外ロングステイの下調べ

海外ロングステイをするには十分な下調べをすることが大切です。 レンタカーの車がマニュアルしかなく運転できなかった、リゾートライフを楽しみにしていたのに目的に合うビーチがなかった、公共交通機関が発達していなく不便だった…といった失敗は避けたいものです。 海外ロングステイを確実に楽しむためのには、これからあげる方法があります。 1.海外在住者のインターネットのサイトやブログでチェックする 海外に3か月以上在住している日本人は、約100万人にのぼります。 現地の生活情報を掲載したサイトやブログなどで情報を集めるのも有効な手段になるはずです。 2.海外ロングステイに関するイベントやセミナーに参加する ロングステイのプランニングから、実際になにが必要なのかまでポイントを学べるセミナーを行っている、カルチャーセンターや旅行会社などを調べて問い合わせをしてみましょう。 ロングステイの心得や基本知識以外にも、ロングステイにかかる資金の準備法や、リタイアメントビザ制度などの説明を受けられるセミナーもあります。 また、「ロングステイ」という言葉をつくった財団法人ロングステイ財団でも、観光局の展示や相談会、ロングステイに関する情報誌を発行したり、現地情報、留守にする自宅の管理についてのセミナーやシンポジウムを開催したりしています。 毎年9月に開催される「JATA世界旅行博」は、さまざまな国と地域からのブースが出展されるアジアで最大級の海外旅行のイベントです。 この会場には、各国の政府観光局や航空会社や旅行会社などのブースが並んでおり、ロングステイに役立つおおくの海外情報を収集できるだけでなく、海外の雰囲気も体感できます。

テンプレートのpondt